甲ぢゅんの憂打つ

ネガティブだけど腐らない。パチスロに人生を翻弄された男の憂鬱…。遊打つ。憂打つ。イラストなんかも描いたりします。

愛しのTenga-jin~蛭子&花子~



遂に我が県にも KZS(緊急事態宣言)が発令され、県民に行動の自粛が求められる事となった。


私は家の雨戸を全て閉める。

これは真冬の寒さ対策も兼ねているが、真意は「絶対にウイルスをシャットアウトするぞ」という強い意思表明だ。


よし。

今後は仕事以外の時間、ずーっと家に引きこもろう。(๑¯ω¯๑)



TVのニュース番組などを見ていると、都会の人達はけっこう出歩いているみたいだけど…大丈夫なんだろうか。

f:id:kohdyun:20210122181100j:plain
んんー・・・


f:id:kohdyun:20210124112603j:plain
・・・まぁ、、気ぃ~つけて下さいネ☆としか
言い様がないか。。。


f:id:kohdyun:20210122181229j:plain

雨戸を閉めっぱなしにしていると部屋に全く光りが入って来ないので、昼間でも蛍光灯をつけたままになる。

外界との係わりを一切遮断している部屋はとても疎外的だ。


しかし、私はこの感じが意外と好きで。

むしろ快適な独房にいる様な気がしてしまう。

こんなにも恵まれていて良いのだろうか。


前科こそ無いが、私は脳内ではたくさんの犯罪をおかしている仮想受刑者だ。(๑¯ω¯๑)



しかし、

所詮手前なんて、まだまだ甘っちょろい。



f:id:kohdyun:20210122191320p:plain

押入れの中には、超ヤベー妄想殺人鬼がいた。




んお~~~~っ!懐かしいっ!(笑)

f:id:kohdyun:20210122163517j:plain
むかし、絵の参考の為に買い集めた貴重な資料。というか、私の大切な宝物です。


仕事上サラリーマンのイラストを描く事が多かったので、蛭子さんや中崎タツヤさんのタッチを真似たりしてたんですねー。


蛭子漫画には、かなり衝撃を受けたので古本屋を巡って3冊も購入しております。





ペラッ♪



f:id:kohdyun:20210122181449j:plain
んー、イイですねー。
やっぱ いつ見てもイイ!(^^)



完全にイッちゃってます(笑)
f:id:kohdyun:20210122181541j:plain
蛭子ワールド全開ですな。




イラストとしても楽しめるコマがたくさんあって、
f:id:kohdyun:20210122163815j:plain
飽きないデス。





蛭子漫画には面白い作品がたくさんあるけれど
f:id:kohdyun:20210122163858j:plain
中でも『地獄のサラリーマン』は名作なので、知らない人は是非とも読んで頂きたい。





f:id:kohdyun:20210122181630j:plain
たぶん世間の印象は、ギャンブル好きな駄目オヤジ?(笑) って感じかもしれないけど、私はひじょーに尊敬しております。


間違いなく Tenga-jin の一人と言えるでしょう。






f:id:kohdyun:20210123110110j:plain
このお方は、イッちゃってるというよりも、、違う意味で本当に逝っちゃった人。。。




f:id:kohdyun:20210123124259j:plain
1992年。リアルに団地の11階からダイブしてしまいました。(涙)




漫画の内容は、自身の経験が元になっている話が多く、
f:id:kohdyun:20210122212119p:plain
幼少の頃から対人関係にかなり苦悩していた事が伺えマス。(-_-)



ぶっちゃけ、自分にはちょっと合わないかな~というのが正直な感想ですが



絵は好きなんですねー。(ΦωΦ)フフフ…
f:id:kohdyun:20210122164301p:plain
デフォ顔が、すごくイイです。



f:id:kohdyun:20210122164342p:plain
ダハハーッ!(笑) こーゆーのとかもサイコー♪




f:id:kohdyun:20210122164420p:plain

めっちゃイイッ!! 





生前の彼女に関する記述をいくつか読んだのですが、やはり随分変わり者だったみたいで。


私は何だかとっても嬉しいです。(^^)
f:id:kohdyun:20210122181903j:plain
だって、普通の人にこんなタッチは絶対に描けないから。




『私の愛するTenga-jin~天才画人~』

f:id:kohdyun:20210122164549j:plain

本日は、蛭子能収さんと山田花子さんをご紹介させて頂きました。(๑¯ω¯๑)♪