甲ぢゅんの憂打つ

ネガティブだけど腐らない。パチスロに人生を翻弄された男の憂鬱…。遊打つ。憂打つ。パチスロ系の雑ブログです。

Sunday Nightmare

f:id:kohdyun:20200130011907j:plain
■26日■ 日曜の夜、20時50分。
普段だったら家でのんびり過ごしている時間帯だが、私は暗闇をPCXで駆け抜けていた。


冷気の矢が身体中に突き刺さり体温を奪っていく。


だが、ホールはもうすぐだ…!

ぜってー取り返す!!


田舎の夜道は正に闇だが、遠くに灯る家々の光が希望の明かりに見える。


あれは、GOGOランプとおんなじだ…!


実際、ホールの場所もその方向にある。

f:id:kohdyun:20200130011946j:plain




一昨日、私はやらかした。

勝っていたのにも関わらず…やらかした。


テレビなんか観てる場合ではない。

悪い流れは早々に食い止めなければ…!


私は、いてもたってもいられなくなり、

バイクのkeyを掴んで家を飛び出していた。



■24日■
この日のホールの状況はあまり良くなかったが、私は幸運にも順調だった。


総投資7Kで約1000枚の出玉♪(^o^)ウホッ

+13K。充分♪じゅーぶん♪





f:id:kohdyun:20200130012025j:plain






f:id:kohdyun:20200130012052j:plain

なんか来た…!











f:id:kohdyun:20200130173411j:plain







自問自答の末、私はメタヒューマンとしてすべき事は一つしかないと考えた。





f:id:kohdyun:20200130012204j:plain




ふふふ…




私の横で悪態をついたのは失敗だったな!



思い知るがいい!! 

f:id:kohdyun:20200130012236g:plain






















f:id:kohdyun:20200130122934j:plain

あ…(汗)

f:id:kohdyun:20200130142331j:plain


しのぎ飯②



前回は「和」だったので今回は「洋」でいきたいと思います (๑¯ω¯๑)♪

【確定丼】
材料:ハンバーグ、トマト缶、玉ねぎ1/2
f:id:kohdyun:20200130012414j:plain
トマト缶は「ホール」じゃなくて「カット」の方で。
これも全て100円ローソンで手に入ります。前回の「鯖汁」で余った玉ねぎを使えば出費は216円でOK。即席みそ汁も、まだあるよね。
しかも今回は2食分作れるので1食108円デス☆

調理時間:10分

作り方

f:id:kohdyun:20200130024606j:plain
一応、洗い物なんかも最小限に抑えられる様に考えてあります。

f:id:kohdyun:20200130024633j:plain
トマトの量や汁気に関しては、お好みで調整して下さい。味付けはナシで大丈夫です。
ピーマンを入れるとイタリア感が出ますぜ☆
カレーと混ぜるのもアリ。


f:id:kohdyun:20200130012500j:plain

おし、出来ました♪
あ。付け合わせの玉ねぎスライスもちゃんと食べるよーに!( ・`д・´)キリッ
トマトと和えてあるので、臭みも無くすんなりイケる筈です。

たんぱく質!ビタミン!抗酸化作用!
そして!
血~液♪サ~ラサラ~♪


これは絶対うまいスよ。自信ありマス。



私の中では



f:id:kohdyun:20200130131150p:plain

鉄板です。 




折角なので、温玉も乗っけてみましょうか☆

温玉も超カンタンに作れます。


f:id:kohdyun:20200130024741j:plain

f:id:kohdyun:20200130024803j:plain
炊飯器内の熱が逃げちゃうので、この動作は0.2秒でやって下さい。

ご飯を蒸らしながら、5~7分で出来ちゃいます。

忘れて放置してると「ゆで卵」になってしまいますが、それはそれでOK♪
箸で崩してマヨネーズをかけましょう。



f:id:kohdyun:20200130012659p:plain
おーイイですね~ッ!\(^o^)/ウマソー!!




これは、もう…!



誰が何と言おうと



f:id:kohdyun:20200130012733p:plain

確定でしょう!!

YOUNG ME 諸君


甘い物は好きだろうか。

次回は、スイーツだ。


金欠でも、口一杯に生クリームを頬張って「幸せ」を感じてくれい!




21時02分。
温かい缶コーヒーに癒されながら、私はホールに入った。
日曜日の夜に来たのは何年ぶりだろう。
いつもと雰囲気が全然違う。
そして駐車場を見た時のイヤな予感は、やはり的中した。


閉店2時間前なのにも関わらず、結構な数の車があったのだ ∑( ̄Д ̄;)!!
ガラガラで、台は選び放題だと思っていたのだが…甘かった!(汗)
ジャグの島は、およそ7割方埋まっていたのだ。


社会に、こんなにも「世捨て人」が多いなんて、、、
ちょっぴり嬉しいが…今日は困る。


案の定、全ての空き台は絶望的なデータを示していた。


本来ならぜってー触ってはいけない。







だが、私は覚悟を決めていた。






この中でやるしかないのだ。



他の選択肢など、ありはしない…!






そう、



思えば私はあの時から



決して抗う事の出来ない死の渦に





捲き込まれてしまっていたのだろう…







f:id:kohdyun:20200130152303j:plain



f:id:kohdyun:20200130012904j:plain





f:id:kohdyun:20200130012939g:plain